ホーム / 天使のカートが選ばれる10のポイント

天使のカートが選ばれる10のポイント

1.着替え自由自在!お出掛けの幅が「ぐっ」と広がるマルチな組合せ。

天使のカートは、「フレームやバックの着せ替えを楽しめる!!」フレーム1台あれば、アレンジは自由自在!(SMフレームver.1及びver3=SサイズからMサイズのバッグ載替えが可能)お客様の愛犬のサイズ、または、多頭の同乗などなど、シチュエーションや環境に合わせて様々なサイズ、フレームがあり、一番合ったカートをチョイスするのも楽しみの一つ。また季節により、カートバッグをチェンジして、オシャレを楽しみながら、愛犬との快適生活をサポート致します。


2.犬種で選べるサイズ展開!快適な乗り心地。

天使のカートは、「他のカートは恐がるけど天使のカートは恐がらない」という、お声をいただきます。そこには、ブリーダー経験からの思いから製作にいたった確固たる理由があるのです。それは・・・「人の膝の高さ」。犬は、猫と違い本来高い場所を好みません。 防衛本能で、身の危険を感じる高さでは落ち着かないのです。人間がしゃがみ「膝の上に乗せた高さ」ここが犬達(小型犬)にとって防衛本能が許す許容範囲内の高さであり、天使のカートは、カートキャリーバックの位置(地面からの高さ)をその点を考慮し、製造しています。)


3.オプションが豊富!デコレーションで可愛さ倍増。簡単アレンジ。

天使のカートは、オプション品が100種類以上!!ご使用用途に合わせて、カート内にクッションを装備したり、ドリンクホルダーを装着したり、また、お買い物に便利なCフックを付けたり、雨の日のお出掛けに便利なレインカバーを持ち歩いたり等々、実用性を重視したオプション品はもちろん、オンリーワンなオシャレを楽しむためのリボンやアクセサリー等のデコレーションパーツも豊富に取り揃えています。天使のカートお取扱店オリジナルオプションやオーナー様オリジナルのデコレーションで注目度アップ!!


4.カワイイだけじゃない!安心・安全・快適の理由。

天使のカートは、キャリーバッグ内にも様々な機能を搭載。カート内には、飛び出し防止の為、カート内リードフック2本標準装備。サイドには保冷ポケットもつき、愛犬のカート内での居心地と安全を実現。開閉型のドーム部分は簡易ホックを搭載(モデルにより異なります。チャック付モデルもあり。)前後開閉により、オーナー様との対面式走行も可能。また、キャリーバック前部分に愛犬が寄りかかっても、カートバッグ内部強度を強化している為、安心安全。更に、プチお出掛けに必要なアイテムを入れておくのに便利な足元バッグ付。


5.車の中でも快適空間!カーキャリーバッグに大変身。

天使のカートは、お車での移動でも大活躍!!カートバッグが、車内ではカーキャリーに大変身!(シートベルトループ付 ※モデルにより異なります)走行時のワンちゃんの居場所を確保しつつ、安全快適なドライブをお楽しみ頂けます。フレームを折り畳んで車のトランクに、また、足元にも置けるコンパクト設計。目的地までお車で・・・到着したら天使のカートで、観光地巡りと快適なお出掛けを実現しました。※車内ではドームを閉めカート内リードフックをご使用ください。


6.お泊りでも大丈夫!キャリーバッグが安心ハウスに大変身。

天使のカートは、わんちゃんが安心できる快適な空間として最高の場所。
お友達の「おうち」に愛犬とお泊り・・・でも、愛犬が休める場所が欲しい・・・慣れない場所は、犬にとって好奇心よりも不安が大きく、警戒心が強まります。そんなお悩みも一気に解決です。使い慣れたカートのキャリー部をそのままベッドにしてあげれば、犬も安心して落ち着けます。いつもの空間で愛犬もストレスなく快適にお休み頂けるでしょう。


7.収納もラクラク!使わない時は、折畳んでコンパクト収納。

天使のカートは、フレームの折り畳みは勿論、カートキャリーバッグは、ホックを外してペシャンコに折り畳み可能!!大きさが、ご使用時の半分以下になる事により、少ないスペースでも収納がラクラク。 ※変形の恐れがある為、収納時カートの上には物を置かないで下さい。


8.安心の自立型フレーム!安定とバランスへのこだわり。

天使のカートは、折り畳んでも自立するフレームがポイント。これにより、走行時の安定とバランスを強化し、より快適な走行と使用後の収納を実現。電車や地下鉄、新幹線などの公共交通機関にて使用の際も、フレームを折り畳み、バッグを膝の上に置くなど、ご移動時の一時的な使用にもスピーディーにそして快適にご使用頂けます。フレームが自立することにより、社内や、公共機関でも、無駄なく、足元や、荷物置き場に安心して保管できます。


9.安心の自立型フレーム!安定とバランスへのこだわり。

天使のカートは、業界ナンバーワンの軽量フレーム(SMフレームver.1=2,390g)。公共交通機関や、施設利用など、お出掛けの途中に階段があっても、女性でも簡単に持ち運びができる様、軽量化に取り組みました。


10.世界品質のフレーム!世界品質管理基準(ISO)の工場で製造。

天使のカートは、ベビーカー・シルバーカーの製造開発者と共に、人間用の医療器具の世界品質管理基準(ISO)の工場でフレームを製造しています。自立式の折畳みフレーム構造は、折畳めば横幅はわずか36センチ!その理由は、前輪のアルミパイプの特殊曲げ加工の技術によるものです!!通常、垂直加工となるアルミフレームを弊社の特殊技術にて、緻密な計算に基づき、曲げ加工を施し、サイズ縮小に成功しました。


天使のカート 人気オプションTOP10

業界ナンバーワンのオプション数!!アイテム数は100種類以上。
天使のカートのカスタムオプションでオンリーワンなペットカートが完成!!


オプションメッシュバック(フレーム下部分)
大容量で画期的な小物入れです。お出掛けの必須アイテムを便利に収納できる定番アイテムの1つ。 ■チャック付
■スタンダード:1,500円
■ミディアム:1,500円
■ラージ:2,480円
(※Type2フレームを除く)


Drinkホルダーバック(全タイプ共通)
人気アイテムとして常にベスト3に入る天使のカート全タイプ共通となるドリンクホルダー
■ドリンクホルダー2箇所
■ポケット1箇所(チャック式)
■前向きの取り付けでも後ろ向きでも設置可能
■ウエストポーチとしての使用可能
■カラナビを使用すればカート本体にも装着可能
■各サイズ共通:2,380円


天使のカート専用ドームカバー
天使のカートのドーム部分に合わせた、簡単にボタンでとめれるオリジナルのドーム部分専用カバー。天使のカートの良さの1つは、愛犬・愛猫が外を見渡せる対面式のドーム型ネット。でも、時と場合により、中を見えないようにと思うことも。また暑さ、寒さの対策として、あると便利なドームカバーです!
■フルブラックカバー
・スタンダード:3,000円
・ミディアム:3,200円
・ラージ:3,400円

天使のカート専用レインカバー/チャック付
いざという時の必需品!!レインカバーのチャック付モデル。 真ん中開閉だから、レインカバーをしたまま、晴れたり降ったりの、曖昧なお天気にも即座に対応可能!
■スタンダード:1,900円
■ミディアム:2,200円
■ラージ:2,500円


天使のカートクッション
人気のドット柄クッション。カートバッグ内に入れてあげ、居心地の良さを確保しつつ、ちらりとみえるドットが可愛さを演出。汚れても安心のカバーセット!!
■チャック付
■カバー&クッションセット
■2色あり(ブラックドット・ピンクドット)

■スタンダード:2,200円
■ミディアム:2,700円
■ラージ:4,200円

天使のカートリボン
お好きな色を選んでイメージチェンジ!可愛さアップの定番アイテム!
(ホック式:Sサイズ/Mサイズ/Lサイズ)
リボンの形がつくられておりホックでとめるだけのワンタッチリボン!
■ホック付き
■2色あり(ブラックドット・ピンクドット)

■スタンダード:1,950円
■ミディアム:1,950円
■ラージ:3,200円


セパレート中敷(各サイズ)
カートバッグ内に、1匹以上を一緒に乗せてあげる場合に、中でしっかりと区切ってあげたい・・・そんな沢山のご要望にお答えして、完成した「セパレート中敷」(交換タイプ)お手持ちの天使のカートバッグに、ホックで中敷を簡単取替え装着!中間(カートバッグ内の真ん中に仕切りがきます)

■スタンダード:3,600円
■ビートル:3,800円
■ミディアム:3,800円
■ラージ:4,200円

「C」フックSilver Gray(ブラックダイヤ)
天使のカートの便利アイテム!お客様のご要望の一番多いフック(2個SET)ちょっとしたお荷物を掛けるのにどうぞ!取り付けはマジックテープで巻くだけ。Cフックシルバーグレーに大粒のブラックダイヤモンドのスワロフスキーが光の角度でキラキラと輝く可愛いデザイン。

■各サイズ共通:1,680円~(その他種類あり)


誕生石入り/オーダーナンバープレート
愛犬の名前、誕生日をナンバープレートに!オリジナルで文字入れが可能!ポイントで誕生石が入るとても可愛らしいオプション!お友達のワンちゃんの名前や誕生日って一度聞いても忘れてしまうことも。そんな時に、周りにも優しい心遣い。 また、カフェやお出掛け先で似たカートがあってもすぐにわかるとご好評!

■各サイズ共通:4,980円~
(12種類の誕生石から6(個)石をお選びいただけます)

ホイールシール・ボディーシール(名入れ可能)
耐久性に優れており摩擦からホイルを守り、UVコートによって光による劣化を防ぎます。カートを汚したり傷つける事なく剥がす事が可能です。つまり、その時々に合わせて簡単に交換する事ができます。車両にも採用特殊なビニールで製造させており、他のスキンシールとは品質が全く異なる高品質な製品です。

■各フレームタイプあり
■各サイズ共通:3,500円~(名入れタイプ:3,800円~)


天使のカート 4タイプ サイズ選びのポイント

天使のカートは、スタンダード(Sサイズ)/ビートル(Bサイズ)/ミディアム(Mサイズ)/ラージ(Lサイズ)の4サイズからサイズの選択が可能です。
犬・愛猫にジャストフィットするサイズのカートを選ぶには体高と体長の把握が大事になってきます。
その中で、愛犬(猫)の腰に負担をかけないために1番重要になってくるのが「体高」です。
カートをお選び頂く際は、体高とバックのフチの高さが「+-5cm以内」位が体(腰等)に負担をかけないベストサイズとなります。
(ペットが普通に座った状態で外の景色を見ることが可能です)
犬種=体高・体長を基準とした選び方以外には、どんな点がポイントになるか・・・ それは年齢です。カートは人混みの中や、施設の中例えば、マンション(建物の中)から公園までの移動時熱いアスファルトをさけるため、新幹線やエレベーター・・・等、病気の時だけの使用に限らず、キャリーバックとしての一面があります。
カート選びで、年齢を考えるポイントは「好奇心旺盛な年齢化どうか」です。
例えば、約17歳以下。1歳~2歳までのわんちゃんは約24歳以下。
皆さんも!?そうかと思いますが、好奇心旺盛な!?時期ですので、外出時は見るもの全てが新鮮です。好奇心が旺盛な時期は「カートから外をもっと眺めたい」という気持ちから、移動時に身を乗り出してしまうことも。
その点から、バックのフチが高すぎて外の様子が見えずらいと、必然的にバックのフチに手をかけ、外を見渡そうとし、前傾姿勢になります。
これが、ダックスや、コーギーなどの腰に負担がかかりやすい犬種だと、少々問題があります。
そこで、スタンダードは、足があまりながくない犬種に外を座ったまま眺められるよう、バックのフチの高さを考えました。
逆を言えば、4歳以上(人間でいう32歳以上)になると少しずつ落ち着いてきますので、体高基準よりもバックのフチが高く、少々外の景色が見えずらくても、バックのフチに手をかけるとは少なくなります。


サイズ 天使のカート カートバッグ内寸サイズ/耐荷重比較表
高さ 奥行 横幅 耐荷重 理想体高
スタンダード(S) 24cm 50cm 25cm 15kg 22cm以下
ビートル(B) 24cm 54cm 25cm 15kg 22cm以下
ミディアム(M) 28cm 54cm 25cm 15kg 23cm~28cm
ラージ(L) 28cm 60cm 28cm 25kg 23cm~28cm

サイズ オススメ犬種(一例) 適応数(一例)
スタンダード(S)
ビートル(B)
〔①〕トイプードル、チワワ、ミニチュアダックス、ポメラニアン、ヨークシャテリア 他 ①1~3
(犬種・サイズによる)
ミディアム(M) 〔2〕①+パピヨン、シーズー、ペキニーズ、パグ、フレンチブルドック、コーギー、ミニチュアピンシャー、アメリカンコッカー 他 ①=1~4
②=1~2
(犬種・サイズによる)
ラージ(L) 〔3〕①+②+柴犬、ビーグル、シェットランドシープウドッグ、イングリッシュコッカー 他 ①=1~6
②=1~2
③=1
(犬種・サイズによる)

※上記は、個体により異なります。
※ メールでのご質問は24時間以内にご対応致します。 メールアドレス:info@tenshinocart.com


天使のカート 4タイプ フレーム選びのポイント

天使のカートは、スタンダード(Sサイズ)/ビートル(Bサイズ)/ミディアム(Mサイズ)共通フレームのSMフレームver.1または、SMフレームver.3、ラージ(Lサイズ)のLフレームver.1、LフレームTYPEⅡの2種類づつ(SMサイズ/Lサイズそれぞれ)より選択が可能です。ご使用のシチュエーションにより、お選びください。


フレームタイプ 対応サイズ 耐荷重 バッグ位置(地面より) フレーム重量 ハンドル高さ調整
S B M L
SMフレームver.1 × 15kg 33cm 2,390g 有り(3段階高さ調整)
SMフレームver.3 -SP- × 15kg 48cm 3,800g 無し
Lフレームver.1 × × × 25kg 35cm 3,000g 無し
LフレームTYPEⅡ × × × 50kg 45cm 8,500g ハンドル角度調整有

フォローする

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ブログ